医療脱毛におけるリスクは?

日本人女性の美意識の高さや、以前に比べて価格がリーズナブルになったことから、医療脱毛は学生や社会人、主婦といった幅広い年齢層の方にとって身近な存在になりつつあります。さまざまな脱毛方法の中でも高い脱毛効果が見込める医療脱毛ですが、全くトラブルが起きないわけではありません。
表参道スキンクリニックでは、医療脱毛のプロフェッショナルとしてリスクも包み隠さずお伝えすることで、患者様に信頼していただけるクリニックを目指します。

火傷

日焼け等を避けて
リスクを最小限に

医療脱毛とは、毛のメラニン色素(黒い色)にレーザーが反応し、そこで発生する熱を利用して毛母細胞を破壊します。組織を熱で破壊する威力のあるレーザーを照射することになるので、火傷を起こす可能性はゼロではありません。照射出力を抑えれば火傷のリスクは抑えられますが、パワーが弱まるので当然脱毛効果も薄れてしまいます。
そこで、周囲の皮膚には影響せず、毛母細胞だけにアプローチするためには毛や肌の状態をきちんと見極めることが重要となります。表参道スキンクリニックでは、経験豊富なスタッフが患者様に合わせた施術を行うことで火傷のリスクを最小限に抑えるとともに、火傷のリスクを高めてしまう日焼けを避けていただくことを患者様にお願いしております。

硬毛化・増毛化

レーザーを調整して
最適なパワーで毛にダメージを

本来ならば脱毛を行うはずが、毛が硬くなってしまったり毛が増えてしまう現象を「硬毛化」や「増毛化」と呼びます。硬毛化や増毛化は、背中や二の腕といった産毛が多い部位に発生するリスクが高いと言われておりますが、まだ硬毛化や増毛化の詳しい原因は突き止められていません。そのため、適切な予防法、改善法がないのが現状ではありますが、リスクを最小限に抑えるためには豊富な症例と高い技術力を持ったクリニックを選ぶことが重要となります。
表参道スキンクリニックでは、長年の実績と知識からなる然るべき判断で、患者様に安心していただける施術を提供できるよう努めております。万が一、硬毛化や増毛化と見られる現象が起きた場合には、照射するレーザーの波長を変え、患者様により適したパワーで毛にしっかりダメージを与えられる施術を行わせていただきます。

毛嚢炎(もうのうえん)

美容皮膚科での脱毛なので
適切な処置が可能

ニキビのように毛穴がぷっくりと膨らんでしまう白、または赤色のプツプツを「毛嚢炎」と呼びます。本来肌には多くの雑菌が繁殖していますが、レーザーの熱によって毛穴が傷つくことでバリア機能も軽いダメージを受け、その際に雑菌が毛穴に入って炎症を起こしてしまうことが毛嚢炎の原因です。
表参道スキンクリニックでは、元々美容皮膚科であることから皮膚のトラブルに対して適切な処置を行うことが可能であり、安心して相談していただける環境を整えております。また、毛嚢炎は菌の感染によって発症する症状なので身の回りを清潔に保っていただくことや、発生した毛嚢炎を必要以上に触れないよう患者様にお願いしております。

痛み

肌の保湿で予防
麻酔クリームも使用できます

医療脱毛に伴う痛みは以前に比べて格段に改善されましたが、どうしてもゼロにはできないため、刺激に弱い方には施術時の痛みがストレスになってしまうことが起こり得ます。
痛みの予防法として、普段から肌をしっかりと保湿しておくことを患者様にはお願いしております。また、表参道スキンクリニックでは、別途料金で麻酔クリームを使用することも可能であり、痛みを最小限に抑えた脱毛施術を心がけております。

赤み(炎症性浮腫)

適切な処方で
赤みを最小限に抑えます

個人差はありますが、施術直後は多くの方に皮膚の赤みやむくみが発生します。これはレーザー照射の熱が皮膚の中にこもることが原因で、しばらくすると熱は放出されるため大抵は翌日には治まりますが、毛が太く密集している部位はレーザー照射による熱量が多く発生するので炎症や赤みや起こりやすいです。
表参道スキンクリニックでは、施術後に軟膏を処方いたしますので、用法・容量を守り使用していただくことで術後の赤みを最小限に抑えられるよう取り組んでおります。

表参道スキンクリニックではこれらのリスクを最小限にとどめるよう努めております。
また、万が一トラブルが発生した場合には最優先でご対応させていただきます。